『Today's Horoscope』

以前のコラムで欧米の占い事情についてご紹介しましたが、今回は占いで使われる表現を紹介しましょう。
欧米で盛んな占いには実にたくさんの種類があります。
fortune teller(占い師)、soothsayer(占い師、預言者)、clairvoyant(透視する人)、palm reader(手相占い)、medium(霊媒師)、 spiritualist(心霊術師)、aura reader(オーラを読む人) など。
彼ら占い師の行為を英語で言えば…。
・predict the kind of person you will marry (どんな人と結婚するか予言する)
・predict your future (将来を予測する)
・give you a warning (忠告する)
・tell you your lucky numbers or colors (ラッキーナンバーやラッキーカラーを教える)
・read your palm or aura (手相またはオーラを読む)
・tell you about your past lives (前世について教える)
・analyze your home's feng shui (家の風水を分析する)
などがあり、日本と共通するものが多いことが分かると思います。 最近は日本でも「aura reader」が人気のようですし、「past lives(前世)」、「feng shui(風水)」、「palm reader」などは日本でもおなじみですね。
ところで、今回のマンガでマーシュが「You do?」と聞いていますね。これは普通の「Do you?」よりもびっくりしたときなどに使われる言葉です。
また、最後のコマの「some friend you are! 」は「冷たいじゃん!」の英訳になっていますが、「あなたはなんて(ひどい)友達なの!」という意味になります。